FC2ブログ
私の本棚。読了本の感想等をぼちぼち綴ってマス♪
いらっしゃいませ♪
 

 
プロフィール

ぴのこ

Author:ぴのこ
30歳・♀・B型

本はいろんな世界に私を連れていってくれる、
ありがたい存在です。

◆注意◆
記事の内容にそぐわない
コメント・トラックバックは
予告なしに削除します。

最近読んだ本
最近のコメント
作者別カテゴリー
最近のトラックバック
過去の記事

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
おなじみAmazon♪
ご利用くださいね☆

ぴのこのBOOK備忘録
≪2019.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.12≫
2007.09.06 Thu
『映画篇』
どうしてこの人の書く物語はいつも私の心をギュっと掴んで離さないのだろう。
実は、ちょうどこの本を読んだ日にツライことがあって、感傷的になりかけてたけど
本の世界にどっぷり浸って、
鼻をグズグズ言わせながら泣いて、
読み終えたら、笑っていました。
金城さんと、愛すべき登場人物たちに感謝したい気持ちです。

映画篇
映画篇
posted with amazlet on 07.09.11
金城 一紀
集英社 (2007/07)

今回の作品はタイトル通り、ずばり映画をモチーフにした物語。
古今東西の5本の映画タイトルがそのままつけられた、5つの中編小説集です。
私はまったく映画(特に洋画)に精通してなくて、これらの映画をどれひとつ観ていません。
そしてこの作品には、この5本以外にもなんと96本もの映画が作中に登場しますが、
やはり私が観たことのある作品はごく僅かでした・・・。
それでもまったく問題なく楽しく読めました。

   *   *   *   *   *

『太陽がいっぱい』
新進作家となった主人公は、朝鮮人学校の同級生と再会し
当時の親友・龍一と映画を観ては語り合った日々を思い出す。
まったく違う道を選んだ2人はある日再会するが・・・。

『ドラゴン怒りの鉄拳』
自宅で突然夫に自殺され、それ以来引きこもっていた女性が
夫が借りたままのレンタルビデオがあると知り、返却のためにやむを得ず久しぶりに外出する。
そこで働く青年との交流により心を取り戻した女性が、夫の自殺の真相に立ち向かう・・・。

『恋のためらい/フランキーとジョニー もしくはトゥルーロマンス』
ろくに話したこともない隣の席の女の子から「好きな映画は何?」と聞かれた主人公。
少しずつ打ち解けていった彼女から、ある大きな計画を打ち明けられ
いつの間にかその計画の片棒を担ぐことになり・・・。

『ペイルライダー』
クラスメイトに囲まれ難癖をつけられていた小学生の男の子が黒ずくめのライダー助けられる。
ヘルメットを取ると、それはパンチパーマで5頭身のおばちゃんだった。
お互いの哀しみを埋めるように、バイクで小さな旅をする2人。そしておばちゃんの正体とは・・・。

『愛の泉』
おじいちゃんの一周忌に集まった鳥越家の5人の従兄弟たち。
大好きなおばあちゃんにいつもの元気がないことを心配し、
2人が初デートの時に観たという思い出の映画を上映して元気づけようと企画を進める・・・。

   *   *   *   *   *

※ここから少しネタバレかも(未読の方はご注意を!)

5篇のストーリーを繋いでいるのが
区民会館でおこなわれる『ローマの休日』上映会。
最後の『愛の泉』で5人の孫たちが企画しているのがまさにそれ!といった仕掛けです。
それぞれの登場人物たちにとって、この上映会が
一生忘れられないような大切な思い出になるんだろうなぁというエピソードが
全篇にたくさん散りばめられています。
他にも、『ドラゴン怒りの鉄拳』で出てくるレンタルビデオ屋さんとか
つまらないフランス映画とか、区民会館周辺を散歩しているブルテリアとか、
微笑ましいリンクが盛りだくさんです。

『太陽がいっぱい』は男同士の友情、朝鮮人学校の描写やブルース・リーへの憧れ、
そして『ペイルライダー』はハードボイルド的(体を鍛え上げてからの)復讐劇、
これらは従来の金城作品のモチーフで、持ち味が出ていたと思う作品。
『恋のためらい/フランキーとジョニー もしくはトゥルーロマンス』は
恋とも友情ともつかない、高校生の微妙な距離感みたいなのが描かれていて新鮮でした。

『ドラゴン怒りの鉄拳』は、大げさに言えば人が映画を創る意味、そして映画を観ることの意味
みたいなものが描かれていたという気がします。
芸術性とか思想とかそういうんじゃなくて、ただ人を笑わせたりスカっとさせたりホっとさせたり
そういう単純さも映画の醍醐味なんだよなって改めて気付かされたような。
レンタルビデオ屋で働く青年が撮った自主映画もすごく面白そうでした。

しかし何と言っても私がいちばん好きだったのは、最後の『愛の泉』。
おばあちゃんが、おじいちゃんとの出会いや戦争体験を語るシーンでは涙させられ、
主人公の男の子(上映会準備を他の従兄弟たちから押し付けられる役)が
1人で奮闘する姿や個性的な従兄弟たちとの会話の応酬には何度も笑わされました。
(人が好くてちょっとおバカで憎めない、でもちゃんと自分の意志をもった男の子を描いたら
 金城さんの右に出る人はいないんじゃないでしょうか)
そして、この作品をラストにもってきた構成にも脱帽。
同じ時間に同じ場所で、それぞれの想いを胸に抱いて
登場人物たちが『ローマの休日』を観ているという光景を思い描くと、
それぞれの物語を読んだ後だからこそ、何倍も心が温かくなりました。

この本には、いや金城さんの作品にはいつも
大人になっても忘れちゃいけない大切な何かがたくさん詰まっています。
予定調和だっていいんです!いい話すぎるけどそれでもいいんです!
映画がそうであるように、笑わせてくれてスカっとさせてくれてホっとさせてくれる
こういう小説こそが、私にとってずっと読み続けていきたいものなのです。

(2007年9月6日読了/☆5)
 
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「カ」行の作者→金城一紀    Comment(4)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
初めまして Posted by す~さん
初めまして、です。
自分はこの作品が初金城さんだったんですけど、
一発で気になる作家さんになりました。
個人的には『ペイルライダー』のおばちゃんの生き様に感動でした。
いや、いけないこととは分かってるんですけどね・・・。
『愛の泉』は最後オチはわかりましたけど、
そんなの気にならないくらい素晴らしい話でした。
2007.09.17 Mon 12:02 URL [ Edit ]
Posted by ぴのこよりお返事
★す~さん
はじめまして!コメントありがとうございます♪
金城さんの作品、1度読んだら止められなくなるようなスピード感もありますよね。
『ペイルライダー』は実に金城さんらしい作品だと思います。
良くないとは分かっていながらも
おばちゃんのあそこまでの覚悟と悲しみについ共感してしまいました。
『ペイルライダー』がお好きなら『フライ,ダディ,フライ』をオススメします!是非ご一読を!
2007.09.17 Mon 22:43 URL [ Edit ]
ビッグなうんこ(笑) Posted by まーすけ
私の「愛の泉」のアホくさいメールのやりとりとか、前の日にカレー食べたの忘れてまたカレー食べるとことか、すっごいツボでした(笑)
あと、タンロン怒りの鉄槌もかなりウケた!!ぜひ観てみたい~!!
後の4作を読むと異色な感じがする、1話目の「太陽がいっぱい」も好きだなあ。最後のシーンが、「愛の泉」に出てきた「ショーシャンクの空に」にちょっとイメージがダブるような気がするんだよね。
ショーシャンク、実は5本指に入るほど好きな映画で、「愛の泉」に出てきたときはすっごく興奮しました!!
そうそう、他にも八王子とか国立とか、うちの近所の地名も出てきて嬉しかった(´ー`)
しかも、ちょうどこの夏、八王子空襲の特番見てたので、なにやら運命を感じちゃったよ~
他の作品も読んでみたいと思います!!
2007.12.05 Wed 17:51 URL [ Edit ]
Posted by ぴのこよりお返事
★まーたん
読んでくれてアリガトウ!(ってお礼を言うのも変だけど)
でも本当にそんな気持ちです。
「愛の泉」のメール!!さすがにまーたんらしい視点だぁ(笑)
あと、イトコたちをまとめるゴッド姉ちゃんも素敵だったよね。
「ショーシャンクの空に」は私も大好き。観たのはもう何年も前だけれど
泣けるというより気持ちがシャンとなったというか、勇気が出たのを
今も覚えています。もう1回見てみよう!
金城作品、他もめちゃめちゃ面白いので是非読んでみてねー☆
2007.12.26 Wed 16:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pinokoko.blog82.fc2.com/tb.php/65-de21551a
映画篇   ~金城 一紀~
初金城一紀でした。この作品に出てくる映画・・・どれも見たことないんだよね~。唯一、『ローマの休日』だけは知ってるけど、ちゃんと見た記憶がない・・・。まぁ、それは抜きにしても楽しめる作品でした。
My Favorite Books 2007.09.17 Mon 11:59

Top↑