私の本棚。読了本の感想等をぼちぼち綴ってマス♪
いらっしゃいませ♪
 

 
プロフィール

ぴのこ

Author:ぴのこ
30歳・♀・B型

本はいろんな世界に私を連れていってくれる、
ありがたい存在です。

◆注意◆
記事の内容にそぐわない
コメント・トラックバックは
予告なしに削除します。

最近読んだ本
最近のコメント
作者別カテゴリー
最近のトラックバック
過去の記事

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
おなじみAmazon♪
ご利用くださいね☆

ぴのこのBOOK備忘録
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.02.27 Wed
『竜馬がゆく』
竜馬がゆく(1) 竜馬がゆく(1)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

故郷・土佐を離れ、江戸へと留学した若き日の竜馬。
折りしもその頃、浦賀には黒船が来航、
世間では幕府に対する不信感や攘夷論が渦巻き始め、国は変動期を迎えようとしていた―。
晩熟な竜馬は己の内に湧き出る大志や野望を具体的に突き詰めるでもなく
ただひたすらに剣術の修行にまい進して頭角を表し、やがて
桂小五郎、武市半平太といった、後の日本を動かす幕末の志士たちと出会う。
人を食うように飄々としていながらも決して憎まれず、
他人を惹きつけてやまない竜馬という人間のスケールの大きさが
彼らとの会話の中で活き活きと描かれ、その行く末に期待が膨らむ見事な序章。
(2008年2月18日読了)


竜馬がゆく(2)竜馬がゆく(2)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

免許皆伝を得て道場の塾頭にまで成り上がった竜馬は、剣術修行を終えて土佐へ帰郷。
安政の大獄から桜田門外の変など、国を揺るがす大事件が勃発し
勤王・攘夷の勢力と幕府との抗争が次第に激化する最中、
先進の薩摩・長州に遅れまいと、土佐を一藩勤王へ導こうと意気込む武市半平太に協力するが、
やがてそのやり方に限界を感じ、さらなる飛躍を求めて脱藩を決意する。
この巻における竜馬は終始“旅人”だ。著者は「新聞記者」とも表現しているが、
足で諸国を回り、その情勢を目に焼き付けて時勢を読み、遊説を繰り返す。
時には自ら船をも懐柔する。
まさに、後の竜馬が残した数々の偉業の基盤が既にこの頃に培われているのだ。
この時代の多くの志士にとって、己が属する藩こそが「国」であるが(特に土佐藩は保守的だが)
その垣根を飛び越え、日本全体を見ようとしている竜馬。
彼の視線の先に何があるのかを共に見てみたい、という気持ちにさせられる。
(2008年2月26日読了)


(3)へ続く
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「サ」行の作者→司馬遼太郎    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.08 Fri
『サウスバウンド』
サウス・バウンドサウス・バウンド
(2005/06/30)
奥田 英朗

商品詳細を見る


*感想は後ほどUP

(2008年2月8日読了/☆5)
  

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「ア」行の作者→奥田英朗    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.30 Wed
『厭世フレーバー』
厭世フレーバー厭世フレーバー
(2005/08/03)
三羽 省吾

商品詳細を見る


*感想は後ほどUP

(2008年1月30日読了/☆3)
  

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「マ」行の作者→その他    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.21 Mon
『ユージニア』
ユージニアユージニア
(2005/02/03)
恩田 陸

商品詳細を見る


*感想は後ほどUP

(2008年1月21日読了/☆4.5)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「ア」行の作者→恩田陸    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2008.01.14 Mon
『精霊の守り人』
児童文学でありながら、読書の好きな幅広い年齢層の大人たちを続々と虜にし
NHKでアニメ化もされた「守り人シリーズ」の第1作。
“ファンタジー”と分類されるジャンルは従来あまり得意ではなかったのだけど、
文化人類学者でもあられる著者によって
隅々まできちんと無駄なく無理なく創られた、しっかりとした物語でした。

精霊の守り人精霊の守り人
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

あらすじ:
短槍使いの名手で、用心棒として身を立てる女・バルサは
偶然通りかかった青弓川の橋から落下した新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムの命を救う。
宮廷に呼ばれたバルサは、チャグムの母である妃に見込まれ
チャグムを連れて逃げてほしい、命を守ってほしいと依頼される。
彼はその身に水妖の卵を宿しており、そのせいで父である帝から命を狙われているというのだ。
帝の隠密である<狩人>たちに追われながら、
同時にその卵を食らおうとする怪物・ラルンガの存在に脅かされながらも
バルサはチャグムを守るべく、体を張って戦い続ける―。


皇子の重大な秘密を知ってしまったからには、
その依頼を断ればその場で殺され、承諾すれば命を賭けた戦いが続く。
いずれにせよ運命を受け入れざるを得なかった三十路の女・バルサの生き様が
とにかくカッコいいです。
鍛え上げた身体能力に短槍使いの技、的確な状況判断ができ、人を見る目もある。
勿論、何の因果もなかった皇子の身柄を引き受けることに戸惑いや迷いもあるのだけど、
バルサ自身も幼い頃に似たような過去があって、見殺しにできない。
幼いチャグムと旅を続け、ひ弱な彼を鍛えていくにつれ
次第に親子の情にも似たものが芽生え、固い絆で結ばれる2人。
バルサの幼馴染で、彼女に好意を寄せる薬草師タンダやその師匠である呪術師トルガイなど
2人に力を貸す人たちにもそれぞれ魅力があって、
異世界を描いた物語でありながら、普遍的で人間らしい感情がベースになっています。

そして、よく言われるのがこの作品の「世界観」の素晴らしさ。
「世界観」って言葉、正しく解釈できてるかどうか気になったので調べてみると
>世界およびその中で生きている人間に対して、
>人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。
とありました。
そう!その“統一的な解釈”が最後までブレないというか
読んでる側からしてもきちんと整理出来るところが気持ちよく読めるポイントかもしれません。

たとえば、目に見える人間の世界(サグ)と同じ空間に重なって存在するという
精霊の世界(ナユグ)。呪術を会得した者とチャグムのような特殊な状況にある者だけが
見ることができるというその世界の描写もそうだし、
今回の主軸でもある、チャグムの身に宿った水妖の伝説が覆される過程にしてもそう。
上辺とか思いつきではなくて、物語(ストーリー)を作るより事前に
1つの事象、1人の人物に対して、枠組みや生い立ちを隅々まで構築してるんだろうな
という印象を受けました。
また、ありがちな「正義」と「悪」のはっきりした書き分けはなくて、
チャグムを追放することを決めた星読博士も、バルサを追う<狩人>たちも
皆がそれぞれに、その世界で生きていくことに懸命であるところに説得力がありました。

気になったのはチャグムの扱いかな。
彼の内面を、彼の視点でもう少し掘り下げても良かったんじゃないかなと思ったこと。
その身に起きたことはしっかり描いてあったけど、チャグム心の持ち様みたいなものが
少し霞んでしまっていたような気がしました。
あと、戦いの場面については「この人たちならきっと大丈夫」っていう安心感が先に立ってしまい、
「一体この先どうなるの!?」っていうハラハラ感があまり味わえなかったのが残念。

最後になりますが、カタカナが苦手な私は、固有名詞のカタカナがちょっと辛かったです。
「ラルンガって誰だったっけ??・・・あ、卵を食う怪物のことか・・・」みたいなことしきり。
チャグムに卵を産みつけた「ニュンガ・ロ・イム(水の守り手)」なんて
最後の最後まで覚えられる気がしませんでした(汗)。
その辺りは字面的にそのままの日本語でもいいんじゃないかと思うんですけど・・・。

(2008年1月14日読了/☆4)
  

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
◆「ア」行の作者→その他    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。